草むしりや芝生の手入れが面倒な時には業者に依頼

家の前に止まっている自転車

スクスク伸びる

家

一軒家などを所有している人の多くは、庭を持っています。庭ではガーデニングを楽しんだり、飼っているペットと一緒に遊んだりすることができます。また、庭には芝生を敷いている人も多くいることでしょう。芝生であれば、晴れた日には日向ぼっこもできるし、バーベキューも楽しむことができますが、芝生は定期的なお手入れが必要なのです。

庭に芝生を敷いている人の多くは、天然の芝生を採用しています。天然の芝生は、他の植物同様に勝手に成長を続けてしまいます。しかし、適切な栄養分をお手入れで補ってやらないと元気な芝生が育たないのです。そこで、活用していきたいのが肥料です。肥料はただ与えればいいというわけではありません。芝生の発芽が始まる3月から11月頃を目途に肥料を与えてあげる必要があるのです。また、芝生が元気に成長するためには、必要な栄養素があります。それは、葉や茎の成長を促進させる窒素や、根の発育を助けるリン酸、植物全体を丈夫にするカリウムです。この3つの栄養素がバランスよく配合された肥料を、適切な時期に蒔いてあげることで芝生が元気に育っていくのです。また、お手入れに使う肥料には種類があります。化学肥料や有機肥料と分かれていきます。お手入れの際にはいづれかを使用することになりますが、芝生は食べるものではないので、化学肥料を使ってもさほど問題がありませんが、気になる人は化学成分が配合されていない、有機肥料を選んでも良いでしょう。